ビーング系や小室ブームなどが音楽シーンを騒がせていた90年代は、アイドルの氷河期と呼ばれ、アイドル文化が絶滅しかかっていた。
その時代と比べると、大阪難波ホテルヘルスといえば超熟クラブのアイドルと呼べるほど、アイドルの数が急増しているといっていいだろう。

もちろんその大半は地下アイドルと呼ばれるマイナーな存在にすぎないのであるが。
AKBの成功からか、地域に根差したアイドル活動が隆盛を誇り、テレビなどのメディアでは見ることは少ないが、ライブなどで地道な活動を広げている。
しかし大手の事務所でもない限り、収入はほとんどなく、生活苦に悩まされている地下アイドルも少なくない。
http://kaseifu-kansai.jp/
そういった彼女たちが口に糊するためにデリヘルなどの風俗のバイトを行っていることもあるという。
AKBは会いに行けるアイドルとして人気を集めたが、しゃぶってもらえるアイドルというキャッチコピーがつく地下アイドルが出てもおかしくないのだ。

難波の熟女風俗について
“難波では数多くの風俗が存在しております。そしてその風俗を求めて多くの男性が難波に行くのですが、風俗の種類が多すぎて悩む男性も多いのです。難波の風俗にはセクキャバやデリヘル、ホテヘルなど数多くあり、特に最近人気があるのが熟女の風俗なのです。熟女の風俗ではとびっきりのサービスを受けることができるのです。熟女の方は経験豊富であり、そのためその経験を実際に肌で感じることができるのですが、一度その体験をしてしまうと後戻りできないぐらい昇天してしまうのです。